« 京都府立植物園の薔薇、紫陽花、芍薬 | トップページ | 初夏の詩仙堂から圓光寺へ »

京都府立植物園の梅花藻、未草、夏蝋梅 植物園と賀茂川の蝶たち

5月22日

 

梅花藻も綺麗に咲いていました
梅花藻(バイカモ)
梅花藻(バイカモ) posted by (C)ciba

 

梅花藻(バイカモ)
梅花藻(バイカモ) posted by (C)ciba

 

絶滅危惧種園では紅花山芍薬
紅花山芍薬(ベニバナヤマシャクヤク)
紅花山芍薬(ベニバナヤマシャクヤク) posted by (C)ciba

 

紅花と言っても、白花の方が多いそうです、、、??
紅花山芍薬(ベニバナヤマシャクヤク)
紅花山芍薬(ベニバナヤマシャクヤク) posted by (C)ciba

 

麒麟草
麒麟草(キリンソウ)
麒麟草(キリンソウ) posted by (C)ciba

 

すっかりお髭になった翁草
翁草(オキナグサ)
翁草(オキナグサ) posted by (C)ciba

 

現地の鳴門市では野生種が絶滅したナルトオウギ
ナルトオウギ
ナルトオウギ posted by (C)ciba

 

有馬馬の鈴草

有馬馬の鈴草(アリマウマノスズクサ)
有馬馬の鈴草(アリマウマノスズクサ) posted by (C)ciba

 

有馬馬の鈴草(アリマウマノスズクサ)
有馬馬の鈴草(アリマウマノスズクサ) posted by (C)ciba

 

未草も咲いていました。小さな睡蓮で未の刻(午後2時)頃に咲きます
未草(ヒツジグサ)
未草(ヒツジグサ) posted by (C)ciba

 

四季彩りの丘のカンパヌラ・サラストロ

カンパヌラ・サラストロ
カンパヌラ・サラストロ posted by (C)ciba

 

彩りの丘南には夏蝋梅(カリカンサス)が綺麗に咲いています
夏蝋梅(ナツロウバイ)
夏蝋梅(ナツロウバイ) posted by (C)ciba

 

夏蝋梅(ナツロウバイ)
夏蝋梅(ナツロウバイ) posted by (C)ciba

 

西洋梅花空木・ベルエトワール
ベル・エトワール
ベル・エトワール posted by (C)ciba

 

ロザリンドと思われる空木も咲いています
ロザリンド
ロザリンド posted by (C)ciba

 

ロザリンド
ロザリンド posted by (C)ciba

 

大葉大山蓮華もまだ綺麗に咲いていました
大葉大山蓮華(オオバオオヤマレンゲ)
大葉大山蓮華(オオバオオヤマレンゲ) posted by (C)ciba

 

夏を待つ蓮池
夏を待つ蓮池 posted by (C)ciba

 

生態園ではキビタキらしい鳥がしきりに鳴いていましたが、高い所でした、、、
キビタキ
キビタキ posted by (C)ciba

 

キビタキ
キビタキ posted by (C)ciba

 

ジャコウアゲハもいましたが、ヒラヒラ飛んで止まってくれません、、、
ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハ posted by (C)ciba

 

ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハ posted by (C)ciba

 

最高気温29度を超える暑い日で、散水で揚羽が吸水していました
吸水する揚羽(アゲハ)
吸水する揚羽(アゲハ) posted by (C)ciba

 

賀茂川沿いではナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ posted by (C)ciba

 

ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ posted by (C)ciba

 

ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ posted by (C)ciba

 

ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ posted by (C)ciba

 

キタテハにも会いました~
キタテハ
キタテハ posted by (C)ciba

 

キタテハ
キタテハ posted by (C)ciba

 

白花マンテマも咲いています

白花マンテマ(シロバナマンテマ)
白花マンテマ(シロバナマンテマ) posted by (C)ciba

 

白花マンテマ(シロバナマンテマ)
白花マンテマ(シロバナマンテマ) posted by (C)ciba

 

ピンクがかったのもありました

白花マンテマ(シロバナマンテマ)
白花マンテマ(シロバナマンテマ) posted by (C)ciba

|

« 京都府立植物園の薔薇、紫陽花、芍薬 | トップページ | 初夏の詩仙堂から圓光寺へ »

初夏の花」カテゴリの記事

植物園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都府立植物園の薔薇、紫陽花、芍薬 | トップページ | 初夏の詩仙堂から圓光寺へ »