« 深泥が池、大田の沢の杜若 | トップページ | 芍薬と菖蒲咲く本満寺 »

5月半ばの京都府立植物園

5月16日

Dsc_4407

葵祭も終わり、少し落ち着いた5月半ば。
府立植物園では芍薬が綺麗に咲き始めました~
Dsc_4398

Dsc_4399

風物詩となった宝石の塔・エキウムウィルドプレッティ
Dsc_4295
薔薇も綺麗に咲いてきました~

北山Dsc_4375_2
絵日傘
Dsc_4379

生態園では雪の下が咲いていました~Dsc_4361
ヒメコウゾ。昔は和紙の原料だったそうです。
Dsc_4363

梶の木の花もとてもよく似ています。
Dsc_4388

北山門側花壇には真っ赤な百合、プミニュウム
Dsc_4411
四季 彩りの丘では伊勢撫子が咲いていました
Dsc_4429
カレーのような香りを放っているツリガネカズラ
Dsc_4437

口紅紫蘭Dsc_4440
イブキジャコウソウ
Dsc_4446

桜園側の大葉大山蓮華
Dsc_4467

隣には紅花唐招霊(べにばなとうおがたま)があまり香りを放っています~
Dsc_4469

いつもは藤袴の時季に会うアサギマダラに出会いました~~
Dsc_4297

|

« 深泥が池、大田の沢の杜若 | トップページ | 芍薬と菖蒲咲く本満寺 »

初夏の花」カテゴリの記事

植物園」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

伊勢撫子、変わった花ですね。
一体どうなっているんでしょう。
エキウムウィルドプレッティも
不思議な形です。
芍薬の季節になりましたね。

杜若とアヤメ、
間違い、教えて頂いて
ありがとうございました。

投稿: kazu | 2013年5月18日 (土) 21時30分

こんばんは~~

伊勢撫子は嵯峨菊の撫子版という感じですね~
エキウムも面白いお花でしょう~~
ややお花の少ない時季になりますが、芍薬が綺麗に咲いてますよね~

アヤメ、杜若、花菖蒲など、特徴を覚えないと違いが分かりにくいですね、、、

投稿: ciba | 2013年5月20日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月半ばの京都府立植物園:

« 深泥が池、大田の沢の杜若 | トップページ | 芍薬と菖蒲咲く本満寺 »