« 春近づく京都府立植物園 | トップページ | 東寺、三十三間堂の河津桜と梅 »

洛陽十二支妙見めぐり・その5+宇多野・山越の桜

3月12日

Dsc_2849
今日は晴れの予報だったのですが、雲が広がり、時折日が射す程度。
十二支妙見めぐりの続きをすることに。
今日は戌の妙見宮・鳴滝の三宝寺へ。
かなりな急坂を上り、更に階段を上ります。
Dsc_2846
Dsc_2848

招福・安産のシンボルという子宝犬。
Dsc_2853

豊臣秀頼、国松丸、淀君の供養塔もあります。
いつの頃からか、撫でさすれば良縁に恵まれる縁結びの塔とされているとかhappy01
Dsc_2855

理由はよく分かりませんが、小さなだるまが至る所に置かれています。
Dsc_2862

山桃でしょうか?境内に大きな木がありました。
右側に見えるのは御所から移植した車返しの桜。
大きな枝垂れもあり、桜の頃にまた訪れてみたいと思いました。
Dsc_2863

妙見宮近くには乙女椿。
Dsc_2851

山門前には白梅が綺麗に咲いていました。
Dsc_2845

三宝寺から15分ほど歩いて、宇多野病院へ。
椿寒桜を見に行ったのですが、まだ咲いていたのはほんの数輪coldsweats01
Dsc_2869

印空寺の熱海寒桜は6分程度でしょうか。
まだ開ききっていない花が多かった。
Dsc_2883

ちょうどやって来た目白を何とかゲットhappy01
Dsc_2879

枝垂れ梅もいい感じ。
Dsc_2884
京の桜守として知られる佐野藤右衛門邸がすぐ近く。
色んな種類の桜があるのですが、咲いていたのは寒桜だけ。
ここは満開でした。
Dsc_2887

この辺りは大きな植木屋さんが多く、満開の梅や椿が見られましたhappy01
Dsc_2885

|
|

« 春近づく京都府立植物園 | トップページ | 東寺、三十三間堂の河津桜と梅 »

季節の話題」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511160/51101894

この記事へのトラックバック一覧です: 洛陽十二支妙見めぐり・その5+宇多野・山越の桜:

« 春近づく京都府立植物園 | トップページ | 東寺、三十三間堂の河津桜と梅 »